DESIGNfirm

Topics

2010.08.03

D'グランセ上町台ハイレジデンスは"土の超高層"です。

ディーグランセ上町台ハイレジデンス(内井建築設計事務所在籍時の仕掛かりプロジェクト)は、"土"をテーマにデザイン・マネージメントを行った、大阪の超高層マンションです。今年3月に竣工し、全戸無事完売しました。


外観2.jpg


難波宮の宮域内である敷地からは、万葉仮名で記された「日本最古の木簡」が出土し、ランドスケープのテーマを「万葉の園」としました。


アプローチ2.jpg


万葉植物と版築柱による造形は、古(いにしえ)の記憶が現代に引き継がれることを目指したデザインです。


アプローチ3.jpg


アプローチの床には、中国の紫禁城と同じ釜で焼かれた、厚さ7センチの「敷き瓦」を丁寧に敷き詰めました。


風除室1.jpg


風除室を入ると、水盤や坪庭の景色が、爽やかに出迎えてくれます。


エントランス1.jpg


エントランスホールは"土"と"木"による吹抜け空間とし、"和紙"を使ってデザインしたシャンデリアが、柔らかな光をおとしています。


住戸2.jpg


リビングに入ると目の前に、大阪城の景色がゆったりと広がります。鋭利に尖ったイメージの超高層とは一味違う、柔らかな望楼が出来上がりました。


▲ ページトップへ

Copyright(C) DESIGNfirm Inc. Reserved.