DESIGNfirm

Topics

2013.03.04

パークホームズ用賀ヴィアージュが竣工しました。

世田谷区に、パークホームズ用賀ヴィアージュが竣工しました。
武蔵野らしいなだらかな南斜面に建つ、水と緑の中庭を内包した集合住宅です。


用賀画像 001.jpg

 

いわゆる都心ではない郊外に建つマンションなので「ゆったりとした時間を楽しめる住宅」となることを目指してデザイン監修に取り組みました。

接道部分は「外の庭」と称して、街並みに華やぎを添えるような石積みと花木による「フォーマル」なランドスケープと位置づけました。

 
用賀画像 003.jpg

 
円弧状に大きく張り出した庇が、来訪者と住まい手を迎えます。

 
用賀画像 004.jpg

 
庇の天井は、"錫"を細かく砕いた金属左官で仕上げています。
コテで磨いた部分が鈍く輝いています。

 
用賀画像 006.jpg

 
エントランス扉はロートアイアン(鍛鉄)の格子をはめ込みました。
繊細な"花脈"をモチーフとして、ラウンジ越しに中庭が感じられるようにデザインしました。

 
用賀画像 007.jpg

 
レンガ積みの光壁とテラコッタの床が風除室からホールに続きます。
「焼き物」による素材の構成が、明るく柔らかな雰囲気を作り出しています。

 
用賀画像 008.jpg

 
ラウンジスペースは中庭と素材感を合わせて、一体的に作り込みました。

 
用賀画像 010.jpg

 
天井、家具、ランドスケープに曲線的な要素を取り合わせて構成しています。

 
用賀画像 011.jpg

 
「外の庭」に対して「内の庭」は"風"や"光"による"自然の機微"が感じられるようなランドスケープとしました。
植栽する樹の大きさと本数をあえて抑えることで、限られたスペースの中に"奥"を作り出しています。

 
用賀画像 013.jpg

 
池越しの手前にコウチワハカエデを植え、せせらぎの奥は「塗り版築」による柔らかな背景を作りました。
マウンドの奥に、水景と相性が良く新緑の美しいカツラノキを植えています。
季節や時間と共に、自然のうつろいが感じられるような中庭です。

 
用賀画像 016.jpg

 
せせらぎとラウンジ正面のカスケードから穏やかな水音が聞こえます。
カスケードの奥に御影石のベンチを作りました。

 
用賀画像 017.jpg

 
住戸に囲まれ限られたスペースですが、動きのある水景がゆっくりとした時間を演出しています。

 
用賀画像 020.jpg

 
野趣のあるせっ器質タイルの外壁が、ランドスケープの自然石や緑、せせらぎと呼応しています。
これから時間の経過と共に、馴染みと味わいをゆっくり深めて行くことが期待できます。


▲ ページトップへ

Copyright(C) DESIGNfirm Inc. Reserved.